スポンサードリンク

2017年12月16日

頭の良くなる5つの勉強方法とは

頭の良くなるための手段を5つ勉強法としてお伝えします。

細かく細分化すると17個ほどありましたが、実践しやすい5つの方法をお伝えします。

その前に、頭の良い人は当然ながら社会人なら頭の回転が早く、学生ならテストの成績が良いですね。そのことは踏まえて以下をの方法を紹介します。

  • 予習学習をする。
学生ならこれから習うことを前もって読んでおく、確認しておくなどです。社会人でしたら、ある程度仕事の内容が分かっているなら、それらの仕事に必要になる部分を徹底的に洗い出しノートに書き出します。それでできそうなことを学習していきましょう。これをブレインダンプといいます。


  • 数字に強くなる
数学は学生であるなら学習の要ともいえる教科です。まずテストの点数を稼ぐために計算問題だけは徹底的にできるようにしましょう。計算問題は公式さえ覚えれば点数は取れますし、社会人でしたら頭の衰えも防ぐため、将来に備えられます。


  • 頭を良く見せる演出
頭を良く見せる必要は社会人でしたら大いにあります。頭が悪そうですと仕事の依頼も減ってきちゃいますから生活に直結してしまいそうです。なので、賢そうに見せる演出は大事です。
学生さんは関係ないのでしょうが、将来に使えるかもしれません。

  • 記憶力を上げるイメージ記憶
イメージや語呂合わせはよく使われる手法ですが、やはり良い記憶方法です。関連付けさせる工夫を覚える対象と紐づける方法です。あえて無理やりこじつけると、インパクトがあり覚えやすいのです。例えば、
equipmentという単語があります。これは装置という意味ですが、「装置はイキュイップメント!」みたいな勝手に自分でフレーズを作ります。これを繰り返し目にさらすことでよく使う単語など覚えることができます。

  • ポジティブに考えよう
俺は頭が良くないんだよね・・・などとネガティブになるとそのような自分になってしまいます。悪く言うと逃げです。自分はバカだから仕方ないということで努力の逃げ道を作ってしまうのです。所詮努力なんですよ、頭の良くなる要は。その努力をさせない最悪なものがネガティブな発想です。なので俺はどうせ・・・という考えは横に置いて、俺は頑張ればできる!ダイヤモンドの原石なんだ!くらいの気持ちをもって頑張るのが大事です。

posted by mu-sama at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭を秀逸にする方法

2017年10月24日

天才肌の特徴は?血液型も関係あるの?アスペルガーの人は?などなど

天才肌って見た目でわかります。その反面、実績はあっても天才肌とは程遠い人も居る事実。

知人で国立工業大学大学院博士がいますが、天才肌に見えません。実績は超天才です。特許も持っています。

で、なぜ彼が天才肌に見えないかよくよく見てみると

  • タバコを吸っている
  • 独り言をぶつぶつ
  • せっかち
  • 重労働もなんなくこなす
  • パソコン音痴
  • 口が悪い
  • 顔がいかつい

ざっとこんな感じで見た目肉体労働者です。頭が良さそうに見えません。

人は見た目が8割と言います。なので偏差値が無茶苦茶低い、俗にいう頭が悪い人であっても、

天才に見せることは十分に可能であるということです。

行動、ファッション、見た目だけでも天才肌に見えちゃいます。


天才肌はAB型に多い?


これは何とも言えません。AB型の人口比率は1/10程度なので、分母が少ない分天才のAB型の人って少ないのではないでしょうか?

私の知人でAB型たくさんいますが、天才は知りません。ミス東大の篠原梨菜ちゃんだってO型ですし。


天才肌はアスペルガー?


これはあるかもしれません。しかしアスペルガーだからみんな天才ということはありません。確かにこだわりが強くて、関心のあることだけは異常に詳しいというのはありますが、全体的に天才ということはあまりないようです。

例えば数学だけはずば抜けてできても、他はサッパリという話はよく聞きます。

しかし天才肌という面ではそう見える可能性が高いです。

アスペルガーの人はもともと高機能発達障害と言われていますので、頭は問題ないけど、人と接することが苦手な人です。

人との関わりに興味などなく、自分の世界にどっぷり入っていく人がアスペルガーの人の特徴です。

こういった人って、あいつ天才にみえるっていう雰囲気がプンプンしています。

しかし本質はわかりません。

クラスにいる天才肌

私も学生時代たくさんのクラスナンバーワンと接してきました。というのも、こういったクラスナンバーワンと付き合うことのメリットを知っていたからです。

朱に交われば赤くなる。自分の出来の悪さを自覚していたので、天才にすり寄り、仲よくしていました。知らぬ間に私もそこそこのレベルまで成績は急上昇。

で、クラスにいた天才の特徴は・・・

デキスギ君タイプが多い。

なんでも教えてくれるし、できる人って教えるのが好きみたいです。めんどくせーなんていいながらも長電話つきあってくれたり、ノートを貸してくれたり。

人に親切にする。そんな因果応報で彼らはもっと頭が良くなり、天才に見えるのでしょう。1日1善という言葉があります。

徳を積めという言葉もあります。

人を勉強ではありますが、導くことは徳を積むことになるのでしょう。その積み重ねで、天才というオーラが身につくのではないでしょうか。

また、彼らは勉強が苦痛ではなく、1日凡人の倍以上勉強しています。努力はしているでしょう。

勉強の努力もせず天才なんてなりません。

1万時間やっているといずれ開花するという法則ご存知ですか?
マルコム・グラッドウェル氏が著書の中で紹介している「一万時間の法則」というのがある。どんな分野でも、だいたい一万時間程度継続してそれに取り組んだ人は、その分野のエクスパートになるという経験則である。
引用

しかし、
名人級の音楽家は普通の音楽家よりもはるかに多く練習しているという調査結果を得た。そのうえで双生児法を用い、「より多くの練習を行う傾向は遺伝の影響も受けている」という結論に至った。
https://www.j-cast.com/2014/09/23216302.html?p=all
努力できるできないとうところまで遺伝の影響があるかもしれない。 つまり、努力しないと天才になれないが、その努力も天才においては、日常なのであろう・・・参った。

こんな簡単なゲームで天才になれるの?


まあいろいろあるけど脳トレゲームで脳を活性化させて、勉強効率を上げるということなのか?

posted by mu-sama at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 天才肌 特徴