スポンサードリンク

2014年01月25日

明日は都立推薦試験の当日

明日は都立推薦入試の試験日です。

前日はまず焦らない。そもそも倍率は尋常じゃないです。

息子の試験を受ける学校の推薦倍率は4.2倍。

息子のレベルは志望校に対して余裕だけど、推薦レベルだと中くらい。

なのでまず受からないだろう・・・・

そう言ってます。

そうすればプレッシャーもなくなり焦らずに本領発揮。
受かれば儲けもの。

そう思ってお子さんを送り出してください。
posted by mu-sama at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 受験

2014年01月21日

明日は都立高校の推薦入試出願だ

明日は我が息子の都立高校推薦入試出願だ。
次男坊なんだけど、頭がなかなかいい。英語は5でクラストップ。

2学期末の換算内申は39。

都立高校推薦でターゲット高校の推薦安全圏は39と同じ。

一般受験では間違いなく受かると考えられるし、仮に推薦落ちても大丈夫だが・・・・
私立のすべり止めは受けていないので、結果が出るまで不安はある。

だが息子の頭を信じるのみ!

こういった信じる行為が天才を育てると思う。子供を信じられない親では子供を天才にはできまい。

都立高推薦入試は25、26と土日になっている。いやー楽しい週末が、プレッシャーの週末になるのか・・・
posted by mu-sama at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年01月05日

天才に育てる近道

昨日の続きです。

どうやれば天才にお子さんを育てることができるのか?

昨日の内容ですと、自分よりレベルの低い人と付き合うと自分のレベルが落ちると書きました。

お分かりかと思いますが、天才と付き合うことが大事ってことです。

その理由ですが、自分よりはるかにレベルが高い天才と共に行動、付き合うことによって、自分とのギャップが露骨に生じ、そのギャップを埋めようという働きが自然に出てきます。

なぜ自然に出てくるのかというと、そのギャップが原因で、居心地が悪いからです。

そこで天才と付き合うのを止めてしまうんですよ、普通は・・・

だからダメなんです。

居心地が悪かろうがいっしょに付き合う友達として離れないでください。

人はコンフォートゾーンというのを持っていて、コンフォートゾーンにいるのが一番居心地がいい。

どういうことかというと、コンフォートゾーン、すなわち安全な場所ですが、自分と同レベル、または自分以下のレベルに身を置くことで、心の安定を得ます。そうなると成績なんて上がりっこないです。

だから、居心地がいいだけで友達を選ぶのは得策じゃないです!!

居心地が悪い天才と友達になることを決して止めない。

いずれそのギャップが埋まる。そうなったときあなたのお子さんは天才に近づいています。

まとめると、天才と友達になる。決して離れない。

強制的に天才と近づき、仲良くなるようにお子さんにお伝えください。

多ければいいのですが、1人でもいいです。親友になったとき、天才に近づきます。

あわよくば超えてしまえば素晴らしいですね。
posted by mu-sama at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭を秀逸にする方法

2014年01月04日

天才の近道とは

お子さんを天才にさせるためにお子さんに教えていただきたい内容なので、ぜひ伝えてください。これは強烈です。

どういった内容なのかは最後までお読みください。

人は周りに歩調を合わせる性質を持っています。周りの頭のレベルが中、だとしたら自分自身も中程度で安心してそれ以上の進歩がありません。

逆に学力が下の人と主に付き合っていると、自分は仮に中だとしたら、下に落下してしまう可能性が高いです。

その理由は、多くの友達が自分の学力以下ですと、それに甘んじてしまい、安心、油断してしまうからです。
また、その立ち位置は、周りから見たら中程度だと天才に見えてしまいます。その結果、チヤホヤされて、油断だらけ・・・・

なので成績が落ちて当然・・・

その真逆もしかり・・・

どうやって天才に育てることができるのか?天才と付き合えばいいんです。

でも天才と友達なんて・・・・

こういった方法を使うんです。

明日お伝えします。
posted by mu-sama at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭を秀逸にする方法