スポンサードリンク

2017年04月17日

子供を叱るその前に

毎日の生活、子供が言うことを聞かなくて、イライラっとすることってありませんか??

何回同じことを言えばわかるの!と子供にぶつけていませんか??

今日はそんなあなたに、子供を叱るその前に、考えてみて欲しいことがあります。

もし、子供がお茶をこぼしてしまったとします。

毎日同じことを言っているのに、お茶をテーブルの隅っこに置くから、お茶が溢れる。

もし、それが続いているのだとしたら、もしかしたらそれは「子供が苦手なこと」かもしれません。

今度から、コップを置く位置を示してくれる、コースターを用意して、ちょっと机の奥に置いてみるのはどうでしょうか?

あるいは、よそ見をしているからこぼしてしまうのかもしれません。そんなとき、子供を叱る前に、余所見の先にあるもの、例えばテレビを切ってみるとどうでしょう。

あるいは、コップの内側に絵が書いてあるものを利用しても良いかもしれませんね。そうしたら子供もコップを凝視してくれるかもしれません。

毎日子供が同じことをやるときは、叱ってもなかなか効果がないかもしれません。そういうときは環境の工夫です!叱るより断然楽しめますよ!おすすめです。

子供を毎日叱るって、お母さんにとってもものすごいストレスになります。しかも同じことで。となると尚更イライラしますよね。

ほんの一工夫で、もしかしたら叱らなくても済むようになるかもしれません。子供も叱られないことでなんだかご機嫌。できることが増えて自尊心に繋がるかもしれません。

言われれば言われるほど卑屈になり、臆病になってしまいます。なので、

叱る前に、まずほめて伸ばすということが、天才にするための教育だと思いますね。
posted by mu-sama at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 天才にするための教育
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/179475017

この記事へのトラックバック