スポンサードリンク

2017年12月16日

頭の良くなる5つの勉強方法とは

頭の良くなるための手段を5つ勉強法としてお伝えします。

細かく細分化すると17個ほどありましたが、実践しやすい5つの方法をお伝えします。

その前に、頭の良い人は当然ながら社会人なら頭の回転が早く、学生ならテストの成績が良いですね。そのことは踏まえて以下をの方法を紹介します。

  • 予習学習をする。
学生ならこれから習うことを前もって読んでおく、確認しておくなどです。社会人でしたら、ある程度仕事の内容が分かっているなら、それらの仕事に必要になる部分を徹底的に洗い出しノートに書き出します。それでできそうなことを学習していきましょう。これをブレインダンプといいます。


  • 数字に強くなる
数学は学生であるなら学習の要ともいえる教科です。まずテストの点数を稼ぐために計算問題だけは徹底的にできるようにしましょう。計算問題は公式さえ覚えれば点数は取れますし、社会人でしたら頭の衰えも防ぐため、将来に備えられます。


  • 頭を良く見せる演出
頭を良く見せる必要は社会人でしたら大いにあります。頭が悪そうですと仕事の依頼も減ってきちゃいますから生活に直結してしまいそうです。なので、賢そうに見せる演出は大事です。
学生さんは関係ないのでしょうが、将来に使えるかもしれません。

  • 記憶力を上げるイメージ記憶
イメージや語呂合わせはよく使われる手法ですが、やはり良い記憶方法です。関連付けさせる工夫を覚える対象と紐づける方法です。あえて無理やりこじつけると、インパクトがあり覚えやすいのです。例えば、
equipmentという単語があります。これは装置という意味ですが、「装置はイキュイップメント!」みたいな勝手に自分でフレーズを作ります。これを繰り返し目にさらすことでよく使う単語など覚えることができます。

  • ポジティブに考えよう
俺は頭が良くないんだよね・・・などとネガティブになるとそのような自分になってしまいます。悪く言うと逃げです。自分はバカだから仕方ないということで努力の逃げ道を作ってしまうのです。所詮努力なんですよ、頭の良くなる要は。その努力をさせない最悪なものがネガティブな発想です。なので俺はどうせ・・・という考えは横に置いて、俺は頑張ればできる!ダイヤモンドの原石なんだ!くらいの気持ちをもって頑張るのが大事です。

posted by mu-sama at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭を秀逸にする方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181858007

この記事へのトラックバック