スポンサードリンク

2013年05月04日

本気になるには

やはり天才は勉強します。とある人は時間をすべて勉強に割いたり、とにかく尋常ではない勉強量です。

やれば天才に近づくのも当然です。できないこともやり続けることでできるようになります。

一輪車だって乗れないから練習をしまくるなら、いずれ乗れます。勉強だって一緒です。出来ないならできるまでやる。これが究極なんではないでしょうか?

とにかくやる。勉強ができるまでやる。わかるまでやる。この繰り返しこそが天才になる方法です。

なので天才になるには、本気になって、勉強をできるか否かにかかっているとも言えますね。

本気になるためには他のサイトに詳しく出ていますので参照に→本気になる方法

本気になるには、基本的な考え方と行動、目標設定という事が肝心みたいですね。

本気度が上がるほど継続ができるそうです。

効率の問題も忘れてはいけないのですが、本気度と効率をマッチさせた時が最高のベクトルと思います。

馬力ばかりかけても、ベクトルいわゆる効率があさっての方向ですと、回り道してしまう可能性があります。なので効率も考える方がよさそうです。

効率といっても気にする必要がありますが、遠回りしてもできるようになるから安心してください。

時間がかかるだけです。しかし忙しい、時間がないなら効率は大事です。効率に一役買っている方法は正しい勉強法とも言えますね。

教え方が素晴らしいのと、家で教えてもらえる方法なので、効率的です。→授業料の安い塾とは
posted by mu-sama at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭を秀逸にする方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/66455324

この記事へのトラックバック