スポンサードリンク

2014年01月05日

天才に育てる近道

昨日の続きです。

どうやれば天才にお子さんを育てることができるのか?

昨日の内容ですと、自分よりレベルの低い人と付き合うと自分のレベルが落ちると書きました。

お分かりかと思いますが、天才と付き合うことが大事ってことです。

その理由ですが、自分よりはるかにレベルが高い天才と共に行動、付き合うことによって、自分とのギャップが露骨に生じ、そのギャップを埋めようという働きが自然に出てきます。

なぜ自然に出てくるのかというと、そのギャップが原因で、居心地が悪いからです。

そこで天才と付き合うのを止めてしまうんですよ、普通は・・・

だからダメなんです。

居心地が悪かろうがいっしょに付き合う友達として離れないでください。

人はコンフォートゾーンというのを持っていて、コンフォートゾーンにいるのが一番居心地がいい。

どういうことかというと、コンフォートゾーン、すなわち安全な場所ですが、自分と同レベル、または自分以下のレベルに身を置くことで、心の安定を得ます。そうなると成績なんて上がりっこないです。

だから、居心地がいいだけで友達を選ぶのは得策じゃないです!!

居心地が悪い天才と友達になることを決して止めない。

いずれそのギャップが埋まる。そうなったときあなたのお子さんは天才に近づいています。

まとめると、天才と友達になる。決して離れない。

強制的に天才と近づき、仲良くなるようにお子さんにお伝えください。

多ければいいのですが、1人でもいいです。親友になったとき、天才に近づきます。

あわよくば超えてしまえば素晴らしいですね。
posted by mu-sama at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 頭を秀逸にする方法
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/84295538

この記事へのトラックバック